WSET

シャンパーニュのヴィンテージとノンヴィンテージ(NV)の違いとは?

2020年10月29日

先日、コント・ド・シャンパーニュ2008が日本で販売開始になり、ラ・ヴィネにてテイスティングをしてきました。

一言で表すなら「華」

いつまでもその香りと味わい、余韻に浸っていたいくらい素晴らしいシャンパーニュでした。
2008年はシャンパーニュ 生産者も絶賛する世紀のヴィンテージと言われています。ヴィンテージシャンパーニュの中でも最高峰だそう。
それゆえに、ドン・ペリニヨン、クリスタル、サロンなど名だたる高級シャンパーニュがヴィンテージをリリースしています。
ではなぜヴィンテージがこんなにも注目されるのか、解説します。

シャンパーニュとは

シャンパーニュは、パリから電車で一時間ほどのところにある地名の一つです。シャンパーニュもスパークリングワインの一つですが、シャンパーニュ地方で造られるものしか、シャンパーニュと名乗ることができません。また、非常に細かな規定と非常に多くの労働と時間をかけて造られるため、お値段も高級。
ではどのようにしてシャンパーニュは造られるのでしょうか。

シャンパーニュの作り方

シャンパーニュで使われるぶどう品種は3種類、シャルドネ、ピノ・ムニエ、そしてピノ・ノワールです。シャルドネ100%で造られるシャンパーニュがブラン・ド・ブラン、ピノ・ノワールもしくはピノ・ムニエ100%で造られるシャンパーニュはブラン・ド・ノワールと呼ばれます。多くのシャンパーニュはこの3種類のワインを混ぜて造られます。

シャンパーニュはまず、3種類のぶどうでそれぞれスティルワインを造り、そこに酵母を入れて発酵していきます(一次発酵)。一次発酵させたワインを今度はぶどう品種や収穫した畑、収穫年など異なるワイン30-50種で調合し、味わいを調整します。
さらに酵母と糖分を添加して、瓶詰めします。そうすると、酵母により炭酸ガスが発生し、瓶内二次発酵が始まります。この間約6-8週間です。
シャンパーニュは熟成期間が決まっており、最低15ヶ月寝かせる必要があります。そうして長い年月熟成を経たシャンパーニュは澱が溜まっているんですね。そこで、澱が瓶の口の方に溜まるよう、瓶口を下に向けられ、毎日少しずつ瓶を回していき澱を沈殿させます。その後瓶の口をマイナス20°以下の塩化カルシウム水溶液に浸け、栓を抜きます。これをデゴルジュマンというのですが、栓を抜くと澱の塊も一緒に飛び出すんです。目減りした分はリキュール入りワインを継ぎ足し、栓をして完成です。

シャンパーニュ地方の気候だからこそ"毎年同じ味わい"

先ほど、「一次発酵させたワインを今度はぶどう品種や収穫した畑、収穫年など異なるワイン30-50種で調合し、味わいを調整します」と説明しましたが、なぜこんなことをすると思いますか?その理由は気候にあります。
シャンパーニュ地方はもともと冷涼な地域のため、年によってはぶどうがほとんど取れなかったり、酸味が強く糖分が十分に達しないぶどうになってしまったりと品質が安定しないんです。そうすると、その年はシャンパーニュが造れないということになってしまいます。
それを防ぐために、数年分のワインを畑やぶどう、収穫年等細かく分けて保存しておき、毎年同じクオリティと味わいのシャンパーニュを造り販売するのです。
収穫年が書かれていないのでノンヴィンテージと呼ばれるんですね。

ヴィンテージシャンパーニュはぶどうの出来が良い年だけに造られる

反対に、天候に恵まれてブドウの出来が非常に良かった年に造られるのが、ヴィンテージシャンパーニュです。
先ほどノンヴィンテージシャンパーニュでは味わいを決めるのに30-50種類調合すると書きましたが、ヴィンテージシャンパーニュの場合は十数種類程度、もしくは一つの畑だけのキュヴェ(一番搾り)だけで造ります。
ヴィンテージワインとノンヴィンテージシャンパーニュの価格を見ていただくとわかりますが、ヴィンテージシャンパーニュの方が値段が高いのは本当に良作の単一年のぶどうだけで作っているから。
加えて、先ほどノンヴィンテージシャンパーニュの熟成期間は15ヶ月とお伝えしましたが、ヴィンテージシャンパーニュの場合は36ヶ月、つまり3年以上熟成させる必要があります。本当に手間をかけて造られていることが分かりますよね。

シャンパーニュが高い理由

最後に、シャンパーニュが他のスパークリングワインと比べて高いのは何故か。理由は4つあります。

1つ目:手摘み

ぶどうを収穫するときに機械収穫ではなく手摘みするから。手摘みはぶどうを傷つけずに収穫できるメリットがある反面、限られた時間の中で行う必要があるので一時的に人を雇わなければならず、人件費がかかります。また、機械収穫に比べて時間もかかります。

2つ目:瓶内二次発酵

調合後、再度瓶内発酵させるために一本一本瓶詰めをします。シャンパーニュの、あのきめ細かい美しい泡は瓶内二次発酵を経てこそ生まれるのです。

3つ目:完成までの長い年月

ぶどう収穫から熟成、瓶詰めまで非常に長い年月をかけてシャンパーニュは造られます。熟成期間は最低15ヶ月以上ですが、生産者によっては規定よりもより長く熟成させることもあります。

つまり、これらから言えることは、「非常に手間をかけて造っている」ということなんですね。そしてやはりシャンパーニュは美味しくて世界中で需要がある、これも理由の一つだと考えます。
ワインショップに行かれた際は、是非これらの理由を思い出しながら選んでみると面白いかもしれません。

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

人気記事

1

WSETのLevel3を受験してはや1年が経とうとしています。 合格後はアカデミー・デュ・ヴァンの講座からも遠ざかり、自宅でワインを飲むことが増えた一年でしたが、目標がなく何かトライしたいなと思ってい ...

2

前回のWSET Diplomaに向けて〜参考書編〜のに続き、今回は参考書サイト編です! WSET Diplomaの情報はこのお二方から WSET LEVEl3の時もそうだったのですが、日本語で発信され ...

3

この記事のまとめ WSETを英語で受験するかたへ、英語のテキストを簡単に読めてしまう裏技を紹介! Diplomaの受験になかなか踏み出せない方も、この方法ならReadingを克服できるかも?! &nb ...

4

日本ではソムリエ・エキスパートの認知度が断然が高いですが、この数年日本語で受験が可能になったことでWSETの受験者が日本でも増えてきました。 WSETのLevel3の試験で難しいと言われる記述問題です ...

-WSET
-,