本記事のリンクには広告が含まれています WSET ワインスクール

【最新版】東京でおすすめのワインスクール6選|WSETやソムリエ資格試験にも

ピノ

WSET Level2,3取得|WSET Diploma勉強中|一児の母、夫婦で1日ボトル2本は空けるほどワイン好き|年間300日以上飲んでます|毎日の食卓と時間がより楽しく豊かになるようなワインと、WSETやソムリエ試験で使えるネタを紹介しています。

こんにちは、ピノです。

「今年こそワインの知識を深めたい!」「ワインの資格を取りたい!」という方におすすめのワインスクールをご紹介します。

この記事では、私の過去の受講経験も踏まえて対面講座は東京に絞っていますが、後半ではオンラインスクールも紹介しています。

このような人におすすめ

  • ワインスクールに入ろうか悩んでいる人
  • どのワインスクールが良いのか分からない人
  • WSET、ソムリエ・ワインエキスパートといったワインの資格試験を取得したい人

東京にあるワインスクールって本当におすすめなの?

ワインスクールって敷居も高いし、決して授業料も安くないですよね。

通った方がいいのかな?って迷ったことはありませんか?

実際私もワインスクールに通って何年か経ちますが、結論「ワインスクールはおすすめ」です!

私自身がワインスクールをおすすめする理由は2つあります。

1つ目はワインを基礎から学び直すことで座学の知識とテイスティングの知識を線で繋げることができるようになるからです。

特にワインは飲み物なので、テイスティングが重要です。

でも、独学でテイスティングを勉強するのは正直難しい。

ワインスクールなら、実に様々なワインを飲むことができます。

それによって、同じ品種でも年代や生産地域、作り方の違いで味わいが変わることや品種そのものの味わいの違いを理解することができ、よりワインの奥深さに触れられます。

私はワインスクールに通ったことで、やっとワインが少し分かるようになったなと自分で思うことができました。

2つ目は、ワインを通して友人がたくさんできることです。

ワインスクールに通うことで、業界や世代関係なく交友関係が広がり、私自身も今でも仲良くさせていただいている友人がたくさんできました。

特にワイン好き同士が集まってパーティをする「ワイン会」というものがあるんですが、それはそれは楽しいです。

共通の「好き」を通して人が繋がれるのって素晴らしいなといつも思うのです。

ワインスクールに通うことで、そんなきっかけを与えてくれると思います。

東京でワインスクールを選ぶ際の6つのポイント

でもワインスクール選びって何を基準にしたら良いのか迷いますよね。

色々な考え方があると思いますが、6つのポイントから選ぶのがおすすめです。

目的の明確化

まずは、ワインスクールに通う目的を明確にします。

趣味として楽しみたいのか、基礎を学ぶのか、または資格取得を目指しているのかによって、選ぶべきスクールや講座が大きく異なってきます。

カリキュラムと資格

スクールが提供するカリキュラムや資格コースを確認し、あなたの目的に合っているか評価します。

特定の資格取得を目指す場合は、その資格に対応したコースがあるかどうかを確認して見てください。

資格の場合、ソムリエ・ワインエキスパート試験対策講座はほとんどのスクールで対応しています。

一方で、最近人気が出てきているWSETの場合、現時点で日本で認定校になっているのは、アカデミー・デュ・ヴァンキャプランわだえみのわいん塾レコール・デュ・ヴァンの4校です。

講師の質

講師の経験、知識、教育スタイルが自分にとって合いそうな方を検討します。

私はプロフィールや友人の話などを参考にして最初は選びました。

講師の経験については、私がいうのもおかしな話ですが、生徒として本当にどの先生も素晴らしく、この先生微妙だったという方はいませんでした。

どの先生も事前準備をすごくしてくださっていて、特に資格試験のクラスなどは先生が一番勉強しているんじゃないかと思うほどです。

ちなみに私はWSET Level2,3をアカデミー・デュ・ヴァンで受講・受験したのですが、その時には青山敦子先生のクラスを選びました。

ロケーションとスケジュール

通学しやすい場所にあるか、また講座のスケジュールが自分のライフスタイルに合っているかも重要なポイントです。

オンラインコースの提供があるかも確認してみるのもおすすめです。

オンラインコースについては後ほどご紹介しますね。

費用

ワインスクールの受講料は結構大きなポイントだと思います。

3ヶ月コースや資格講座のコースは10万以上するものがほとんどですが、単発講座の場合は数千円から数万円と比較的リーズナブルな価格で受講で来る講座も増えています。

オンラインクラスや座学のみ(ワインなし)の方が比較的割安な印象です。

クラスのサイズ:

少人数制のクラスは、より個別の注意を受けやすく、質問やディスカッションにも参加しやすいですが、私の過去の経験からすると、大体ひと講座30名前後かなぁという印象です。

人数を限定している講座は10-20名弱が多いです。

【東京・オンライン】おすすめのワインスクール6校

スクール名単発講座試験対策講座講座数費用おすすめ度
アカデミー・デュ・ヴァンありあり⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
レコール・デュ・ヴァンありあり⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
キャプランワインアカデミーありあり⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
ヴィノテラスありあり⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
アスカ・レコール・デュ・ヴァンありあり⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
イタリアワイン通信講座なしなし⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

👑おすすめ度1位: アカデミー・デュ・ヴァン

日本最大のワインスクールかつ、パリで生まれ、30年以上歴史のある アカデミー・デュ・ヴァン

東京では、青山と銀座にスクールがあります。

初心者向けの基礎講座から、ソムリエ資格取得を目指す上級講座まで150種類以上の講座が揃っているので、自分に合った講座を見つけやすいのが特徴。

私は単発講座も何度か受けましたし、WSETもアカデミー・デュ・ヴァンで取得しました。

ワインスクール探しに迷ったらアカデミー・デュ・ヴァンが個人的には一番おすすめです。

余談ですが、WSETは青山先生の授業をLevel2,3と取ってました。

もともとWSET ロンドン本校の認定講師もされていた方なので、かなり受験対策的な授業を受けることができます。

Diplomaも本当は青山先生の授業を受けたかったのですが、アカデミー・デュ・ヴァンではDiplomaの取り扱いがないため、現在はキャプランで試験対策講座を受けています。

👑おすすめ度2位:レコール・デュ・ヴァン

創立16年の歴史あるワインスクール、レコール・デュ・ヴァン。

ワインの基礎・受験講座だけではなく、チーズ講座にも力を入れているのが特徴です。

スクールは渋谷と新宿にあります。以前は恵比寿から徒歩10分くらいのところにあったのですが、渋谷に移ってから徒歩3分とかなりアクセスしやすくなりました。

私は単発講座しか受けたことがありませんが、レコール・デュ・ヴァンのソムリエ・ワインエキスパート講座もかなり人気です。

私の友人では、アカデミー・デュ・ヴァンと並行してレコール・デュ・ヴァンの講座をとっている方も結構いました。

👑おすすめ度3位:キャプランワインアカデミー

アカデミー・デュ・ヴァンやレコール・デュ・ヴァンと比べると講座数はかなり少ないですが、こちらもワインを本格的に学びたい人に人気のワインスクールです。

世界のワイン資格に力を入れているところが特徴的で、WSETはもちろん、イタリアン・ワイン・スカラーやスパニッシュ・ワイン・スカラーといった資格受験ができるのが特徴です。

また、WSETのDiplomaを受けられる数少ないワインスクールです。

Diplomaの受験対策はテイスティングの種類も豊富ですし、かなり細かい対策をしてくださるので、Diplomaを受けられる方は事前に一度は受けておいた方が良いと思うほどおすすめです。(特にスパークリング、酒精強化の対策講座は過去出題されたワインをかなり揃えてくださっています。)

👑おすすめ度4位: ヴィノテラスワインスクール

オンラインに特化したワインスクール、 ヴィノテラスワインスクール

スクールに通学せず、好きな場所で受講することができます。

ソムリエ・ワインエキスパートの資格対策講座から入門〜専門講座までオンラインとしてはかなり幅広い講座を展開しています。

講座を申し込むとテキストと合わせてワインも送られてくるのが嬉しいポイント。

受講後もオンラインはアーカイブで見られるので、何度も見返して学ぶことができるので復習にとっても役立ちます。

値段も通常のワインスクールと比べると良心的な価格なので近場にワインスクールがない、お金をかけずにワインを学びたいという人には

とてもおすすめです。

👑おすすめ度5位:アスカ・レコール・デュ・ヴァン

アスカ・レコール・デュ・ヴァンは、ワインの授業 フランス編ワインの授業 イタリア編でお馴染みの杉山明日香先生のワインスクールです。

私はこの2冊を読み、あまりの分かりやすさにすっかり杉山先生のファンになりました。

じゃあなぜ5位なのという感じですが、杉山先生のスクールはソムリエ・ワインエキスパート講座が中心だからです。

昔はもう少し色々な種類があったと記憶していますが・・・

もともと有名進学予備校の数学講師とあって、かなり分かりやすい解説をしてくださいます。

オンライン講座もあるので、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いと思います。

ちなみにYoutubeでオンライン講座の一部が無料公開されているので、ぜひチェックしてみてください。

合わせておすすめ

👑おすすめ度6位:イタリアワイン通信講座

イタリアワインって品種も多くて難しい・・・

そんな苦手意識を克服できるのが、イタリアワイン通信講座です。

イタリアワインは20州全てでワインを生産していますが、12ヶ月かけて、この20州を全て学ぶことができます。

オンライン講座なので毎月白赤2本ずつ、テキストと一緒に届きます。

私は2023年の11月から受講していますが、テキストにはそれぞれの州の特徴やワイナリーの写真なども掲載されていて読み応えがあります。

まとめ:ワインスクールは予算・目的に合わせて選ぶのがおすすめ

以上、東京のおすすめワインスクール6選をご紹介しました。

オフラインの講座、特にアカデミー・デュ・ヴァンやレコール・デュ・ヴァンなどは無料講座も開催しているので、迷われている方はそちらに参加してみるというのもおすすめです!

あなたに合ったワインスクールが見つかりますように

読まれています!

1

年間300種類以上のワインを飲んでいた筆者が、「ここは何度もリピしていて本当にすすめたい!」と思うワインショップを厳選して12選紹介します。

2

ワインは全てぶどうから作られますが、赤白泡それぞれ作り方が異なります。この記事ではオレンジ・ロゼワインの作り方も紹介。熟成の長さや発酵・熟成させる容器によってどのような味わいの違いがあるかについても解説します。

3

スパークリングワイン、白ワイン、赤ワインに続く、第4のカテゴリーとして今世界中で注目されているのが、「オレンジワイン」。 オレンジから作られているの?と驚く方もいらっしゃるのですが、外観がオレンジ色を ...

4

店主の小泉さんのX(Twitter)で以前からずーっと気になっていた南アフリカワインの専門店「」。 自宅からワインショップが少し遠いため、できればオンラインショップでワインを購入したいなぁと思いつつ、 ...

5

個性豊かで20州全土でワイン造りがされているイタリア。 500種類以上の土着品種があると言われおり、コスパが高いワインも数多くあるのが特徴です。 今回は、数千円から5,000円前後でデイリーワインに飲 ...

-WSET, ワインスクール
-, ,