ワイナリー

良すぎて衝撃!Joseph Phelpsワイナリー訪問

2022年8月18日

さて休日になり、いよいよナパバレーへ。ナパバレーには、2泊3日滞在です。

初日はお昼過ぎにナパバレーに到着し、ザ ウェスティン ヴェラサにチェックイン。

そのまま日本帰国に必要なPCR検査に行きました。

PCR検査は病院でやるんだろうと思っていたら、なんと移動式検査車なんです!

HPから検査を予約すると、受付番号がメールで届くので、名前と一緒に受付番号を伝えます。

スタッフが確認・準備をしたのち、一人ずつ鼻の中をグリグリされました。痛いと聞いていたけど、個人的にはあまり痛みを感じず。

移動車内には必要最低限の医療道具が車内に設備されていて、便利だなと思いました。

ナパバレーの風景。一面にワイン畑が広がります。

Joseph PhelpsのTastingツアー

食事をした後に向かったのはJoseph Phelpsです。

ワイナリー入口

今回の旅はHerzというレンタカー会社でレンタカーを借り、HPを通じて出会った現地の方に運転をしてもらってワイナリーを巡りました。Twitterでシカゴに在住するYasuさんから、レンタカーがあった方が良いと聞いていましたが、本当に借りて正解でした!Yasuさん、ありがとうございます。

Joseph Phelpsは1972年、もともと建築業界にいたジョセフ・フェルプス氏が、ナパ・ヴァレーの北に位置するセント・ヘレナの地に創立されたワイナリーです。日本にも輸入されていて、日本はもちろん、世界的には 「インシグニア」が非常に有名です。

また最近では、少し前にLVMHがJoseph Phelpsを買収し、現地ではかなり話題になったそうです。(今後さらに値段が上がるのでは?とドキドキします・・・)

さて、私たちのテイスティングツアーは15時スタート。10分前に受付を済ませた後、テイスティングルームに案内されました。

室内はとても広い!そしてゴージャス!

モデレーターのスタッフが、ビデオや実際の土を見せてくれて、ジョセフの醸造・哲学を詳しく教えてくださいます。

テイスティングは、シャルドネからスタートし(といってもやはり赤ワインが中心です)、様々な種類の赤ワインを計7種類いただきました。

やはり高級ワイン、口当たりのまろやかさやコク、凝縮感や深みが別格です。

同じワインでも違う年代のワインを飲む比べると、奥深さや余韻の長さも異なるのが顕著にわかります。これぞ、テイスティングの醍醐味ですね。

当日はバッカスという、現地のテイスティングツアーででしかいただけないワインも試飲させてもらいました。

黒果実、チョコレートとハーブ、腐葉土の複雑なアロマにシルクのような滑らかさ、どこまでも続く余韻が素晴らしかったです。

現地ではもちろんワインを購入することができます。12本以上だと少し安くなるとか。

空輸で宅配も可能と聞きましたが、12本で税金込みで10万ほどすると聞き、一瞬で発想は諦めました。(ちなみに預け入れ荷物で持って行く場合、一人3本までは無料、4本目からワインは1リットルに対して200円の追加課税です。)

Joseph Phelpsの訪問はこちらをチェック!

人気記事

1

私は2020年にWSETのLevel3に合格し、現在Diplomaを受験中ですが、周りから「どんな資格なの?」「ソムリエと何が違うの?」「どれくらい難しいの?」と質問をいただく機会が増えてきました。今 ...

2

北海道ワインの注目度が年々増える中、収穫期になると特に全国から収穫ボランティアが増えると言われている余市エリア。 私自身も、2021年にドメーヌ・タカヒコのぶどう収穫ボランティアで、初めて余市を訪れる ...

3

こんにちは、ピノです。2021年からWSET Diplomaの勉強をしています。 こちらの記事では、申し込みするまでの流れと、その後、ロンドンのWSET事務局やキャプランから送られてくるメールについて ...

4

この記事のまとめ ワインショップ9社を徹底解説! コロナ禍でも年間300種類以上のワインを飲む筆者が、ここは良い!と思うワインショップをオンラインショップに厳選して作成。 ワインショップはどれを選ぶべ ...

-ワイナリー
-, , , ,