ワインセレクト

リースリングの代名詞「トリンバック」2019年ヴィンテージを飲んでみた!

2021年8月5日

エノテカさんのハッピーワインが好きで、毎月出る度に、その月のハッピーワインを買っています。
今月は私の大好きなリースリングの代名詞とも言える「トリンバック」特集!もう嬉しすぎます。
早速リースリングとピノノワールを試飲してみました。

トリンバックとは

トリンバックとは、1626年創業のフランス・アルザスの名門ワイナリーです。栽培から醸造までを一貫して行うワイナリーが少ない中、トリンバックは4世紀たった今でも、歴史と伝統を大切にブドウ栽培から醸造まで全ての工程を家族経営で行っています。現在のオーナーは、12代目のピエール。彼は2006年にイギリスのDecanter誌にて「世界のTOP10白ワインメーカー」の一人に選出された実力派生産者なのです。実際に、星付きレストランでもトリンバックのワインが提供されていることからも、その品質の高さが分かると思います。

リースリング・レゼルヴ

さて、今回いただいたのはトリンバックを代表するリースリング・レゼルヴです。
リースリングはペトロール香と言われる石油のような香りが特徴の一つとしてありますが、その一方で白い花のような華やかな香りを放出し、それはエレガントで凛と立つ女王のようなワインなのです。
リースリング・レゼルヴを飲んだ感想は、思った以上に酸がハッキリしているなという印象。口に含むと唾液がジューッと出てくるので、WSET的に言わせれば酸は高いです。風味はレモン・青リンゴ、ライム、蜂蜜、白い花、石灰、ペトロール香。こんなところでしょうか。
このワインを飲んだ時に目を閉じたら、心地よい風が吹く高原のような光景が浮かびました。ちょっと暑い日に涼しくなりたい時や、食前に飲みたいです。

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ PVアクセスランキング にほんブログ村

人気記事

1

WSETのLevel3を受験してはや1年が経とうとしています。 合格後はアカデミー・デュ・ヴァンの講座からも遠ざかり、自宅でワインを飲むことが増えた一年でしたが、目標がなく何かトライしたいなと思ってい ...

2

前回のWSET Diplomaに向けて〜参考書編〜のに続き、今回は参考書サイト編です! WSET Diplomaの情報はこのお二方から WSET LEVEl3の時もそうだったのですが、日本語で発信され ...

3

この記事のまとめ WSETを英語で受験するかたへ、英語のテキストを簡単に読めてしまう裏技を紹介! Diplomaの受験になかなか踏み出せない方も、この方法ならReadingを克服できるかも?! &nb ...

4

日本ではソムリエ・エキスパートの認知度が断然が高いですが、この数年日本語で受験が可能になったことでWSETの受験者が日本でも増えてきました。 WSETのLevel3の試験で難しいと言われる記述問題です ...

-ワインセレクト