本記事のリンクには広告が含まれています ワイン ワインショップ

【必見】南アフリカワイン専門店「アフリカー」に直接おすすめワインを教えてもらいました!

ピノ

WSET Level2,3取得|WSET Diploma勉強中|一児の母、夫婦で1日ボトル2本は空けるほどワイン好き|年間300日以上飲んでます|毎日の食卓と時間がより楽しく豊かになるようなワインと、WSETやソムリエ試験で使えるネタを紹介しています。

店主の小泉さんのX(Twitter)で以前からずーっと気になっていた南アフリカワインの専門店「

アフリカー

」。

自宅からワインショップが少し遠いため、できればオンラインショップでワインを購入したいなぁと思いつつ、でもあまり詳しくないし何を買ったら良いのか分からないなぁ・・・

そんな想いを実はしばらく抱えていたのですが先日思い切って

アフリカー

さんにDMして聞いてみました!

今回は、アフリカーさんのおすすめ南アフリカワインをご紹介します。(小泉さん、おすすめありがとうございます!)

南アフリカワイン専門店「アフリカー」とは

アフリカー

は、水天宮にお店を構える南アフリカワインの専門店。

その品数は実に300種類以上で、日本を代表する南アフリカワインの専門店です。

ご夫婦で経営されているワインショップですが、南アフリカワインに触れたきっかけは、店長小泉さんの転職のタイミングで南アフリカ及び周辺国に1か月ほど滞在したことがきっかけだそう。

自然豊かで食事も美味しく、ワインも美味しい!

このような素晴らしい体験を日本で伝えたいと思ったのが始まりだそうです。

南アフリカワインは2,000-3,000円台の価格帯のワインでもとても素晴らしいワインが揃っているので、ワイン好きの間でもファンが多い印象があります。

ワイン王国2024年3月号でも紹介されています!Kindle Unlimited対象(2024年2月時点)

南アフリカワインの特徴は「安くて美味しい!南アフリカワインおすすめ8本」で詳しく解説しています!

モバイルでの商品説明の見方

ちなみに、DMをした背景には、恥ずかしながら商品説明がどこに書いてあるのか分からなかったという背景があるのですが、モバイル画面だと、画像の下の商品説明をクリックすると説明が出てきます。(PCだと商品説明を直接見ることができます!)

アフリカー店長おすすめ!南アフリカワインを知るならこの7本

店長の小泉さんに定番アイテムともいえる南アフリカワインを7本ピックアップしていただきました!

どれもコスパ溢れるワインですが、私の一番のおすすめはグラハムベック ブラン・ド・ブランステレンラスト バレルファーメンテッド シュナンブランです!

スクロールできますグラハムベック
ブリュット
グラハムベック
ブラン・ド・ブラン
ステレンラスト
シュナンブラン
ポールクルーバー
シャルドネ
クラインザルゼ
サンソー
グレネリーエステート
リザーブレッド
ポールクルーバー
ピノノワール
タイプスパークリングワインスパークリングワイン白ワイン白ワイン赤ワイン赤ワイン赤ワイン
スタイル辛口辛口辛口辛口辛口辛口辛口
価格
(5,000円を⭐️3として評価)
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

【スパークリングワイン】グラハムベック ブリュット

南アフリカワインを知るきっかけとなる人も多いくらい有名なグラハムベック ブリュット。

ピノ
ピノ

2,000円台でここまで美味しいスパークリングワインはなかなか見つかりません。

少し前までは南アフリカを代表するスパークリングワインといえばグラハムベックという感じでしたが、最近では美味しいスパークリングワインといえばグラハムベックというくらい有名になりました!

シャルドネとピノノワールがほぼ同じくらいの比率でブレンドされているので(55%:45%)、フレッシュさと柔らかさのバランスが取れていて、尚且つフレッシュ!

南アフリカワインはグラハムベックなしでは語れません!

詳しく見る

【スパークリングワイン】グラハムベック ブリュット ブラン・ド・ブラン 2018

もう少し予算が出せる、という方はグラハムベック ブリュット ブラン・ド・ブランを。

こちらは、シャルドネのみで作られているので、グラハムベック ブリュットよりも酸が際立ちよりクリーミーな味わいです。

我が家ではまとめ買いすることも多いスパークリングワインの一つです。(最近シャンパーニュはすっかり手が届きにくくなってしまいました・・・)

ピノ
ピノ

グラハムベック ブリュットと、グラハムベック ブリュット ブラン・ド・ブランを飲み比べるのもおすすめですよ!

個人的にはブラン・ド・ブランの方がより酸が際立っていて、食事にもより幅広く合わせやすくて好きだな

オット
オット

詳しく見る

【白ワイン】ステレンラスト バレルファーメンテッド シュナンブラン 2021

樹齢57年の古樹から造られたプレミアムなシュナンブラン!

古樹はどうしても生産量が減ってしまうので、価格が高くなりがちですが、このワインは3,000円台で飲めてしまうなんともお得なワインです。

ピノ
ピノ

シュナンブランも南アフリカではよく造られているぶどう品種です。

黄桃、パイナップル、レモン、ヴァニラ、ナッツといったふくよかな味わいに豊かな酸。

リッチさとクリーミーの骨格の中に複雑味が広がる一本です。

ワインにも合わせやすいと思ったよ

オット
オット

2012年のロンドンオリンピックの際には、公式ワインとしてもふるまわれました。

詳しく見る

【白ワイン】ポールクルーバー エステート シャルドネ 2020 

ワインジャーナリストのジャンシス・ロビンソンも「南アフリカの優秀なワイナリー」とコメントするほどの実力者が作るシャルドネです。

ポールクルーバーは、マスター・オブ・ワインのティム・アトキン氏が毎年発行する、南アフリカを代表するワインガイド『南アフリカ スペシャル・レポート』の「ケープ・クラシフィケーション」で、2013年から2018年まで全ての年において第一級を維持している数少ない生産者のひとりです。

ケープ・クラシフィケーションは、ボルドーの格付けと同じように1から5級とクリュブルジョワに分けられており、価格ではなく、品質重視で評価されるそうです。(毎回格付けもダイナミックに変わるのだそう)

グレープフルーツ、レモン、蜂蜜のアロマに加えて程よい樽香も感じます。

フレッシュな酸とトロッとした甘味のバランスが優れたワインです。

詳しく見る

【赤ワイン】クラインザルゼ セラー セレクション サンソー 2017

サンソー100%で造られる、少しマニアックなワイン。

サンソーは地中海沿岸で広く栽培される黒ブドウ品種で、南アフリカ以外だとフランスのラングドック・ルーションやプロヴァンス、コルシカ島、チリなどで造られています。

アフリカーで売られている他のサンソー100%のワインは、どのワインも2000円以上はするので、本ワインは購入しやすい価格帯だとか。

なかなかスーパーで見かけないワインに出会えるところもアフリカーの良いところ!

イチゴやチェリー、ハーブ、上品な酸を感じる香り、スミレやラベンダーなどの香りがあり、フルーティーかつ優しいタンニンを感じるワインです。

ピノ
ピノ

ピノノワールよりタンニンが柔らかく感じると思います!

詳しく見る

【赤ワイン】グレネリーエステートリザーブレッド 2016

初めて飲んだのは数年前、重厚感がありつつ味わいはまろやかで、個人的に好きなタイプのワインです。

黒果実にスパイシーさとシナモン、少しコーヒー感もあるフルボディでリッチなワインです。

カベルネソーヴィニョン35%、メルロ30%、シラーズ15%、カベルネフラン10%、プティヴェルド10%のブレンドなので、ボルドー好きの方も好きなんじゃないかなと思います。

詳しく見る

【赤ワイン】ポールクルーバー エステート ピノノワール 2021

前述した、南アフリカを代表する生産者、ポールクルーバーが造るピノ・ノワール。

赤系、黒系果実、土、スパイスなどの香りと柔らかなタンニン。

抜栓直後は、代表的なブルゴーニュのピノノワールの味わいよりも少し硬さを感じるかもしれません。ただし、時間が経つにつれて柔らかな口当たりに変化していきます。

ピノ
ピノ

時間を置くと柔らかな甘みと心地良い滑らかさが印象的でした!

詳しく見る

その他、私のおすすめワインについては「安くて美味しいおすすめ南アフリカワイン」でもまとめています。

ぜひ南アフリカワインの魅力に染まってみてくださいね!

読まれています!

1

年間300種類以上のワインを飲んでいた筆者が、「ここは何度もリピしていて本当にすすめたい!」と思うワインショップを厳選して12選紹介します。

2

ワインは全てぶどうから作られますが、赤白泡それぞれ作り方が異なります。この記事ではオレンジ・ロゼワインの作り方も紹介。熟成の長さや発酵・熟成させる容器によってどのような味わいの違いがあるかについても解説します。

3

スパークリングワイン、白ワイン、赤ワインに続く、第4のカテゴリーとして今世界中で注目されているのが、「オレンジワイン」。 オレンジから作られているの?と驚く方もいらっしゃるのですが、外観がオレンジ色を ...

4

店主の小泉さんのX(Twitter)で以前からずーっと気になっていた南アフリカワインの専門店「」。 自宅からワインショップが少し遠いため、できればオンラインショップでワインを購入したいなぁと思いつつ、 ...

5

個性豊かで20州全土でワイン造りがされているイタリア。 500種類以上の土着品種があると言われおり、コスパが高いワインも数多くあるのが特徴です。 今回は、数千円から5,000円前後でデイリーワインに飲 ...

-ワイン, ワインショップ
-