本記事のリンクには広告が含まれています ワインセラー

さくら製作所のワインセラーの評判は?実際に使ったレビューを解説!

ピノ

WSET Level2,3取得|WSET Diploma勉強中|一児の母、夫婦で1日ボトル2本は空けるほどワイン好き|年間300日以上飲んでます|毎日の食卓と時間がより楽しく豊かになるようなワインと、WSETやソムリエ試験で使えるネタを紹介しています。

前回、家庭用ワインセラーのおすすめ記事を書きました。

家庭用ワインセラーを購入する場合のベストな家庭用ワインセラーの選び方について紹介しました。

私自身は、

  • フォルスター
  • ルフィエール 
  • ハイアール
  • ユーロカーブ
  • さくら製作所

を過去使い、実際に現在もフォルスター、ユーロカーヴ、さくら製作所のワインセラーを家庭用ワインセラーとして使っています。

今回はワイン好きの間でも議論になる「さくら製作所」と「フォルスター」どっちにする?というテーマをもとに、さくら製作所のワインセラーの評判や実際使ってみたレビューをご紹介します。

さくら製作所のワインセラーとは

さくら製作所は、2014年に設立された東京品川区を拠点とするワインセラーメーカーです。

まだ設立から10年と比較的新しい会社ですが、その高品質な製品と革新的なデザインにより、4年連続 量販店販売数量・金額シェア(2018~2021年ワインセラーメーカー別)1位となっています。

創業当時、ワインセラーメーカーが1社で年間に10,000台を販売するのは夢のような目標だったところ、同社は現在年間19,000台以上を販売する脅威の売上を誇っています。

家庭はもちろん、ホテルやレストランにも使われている点も選ばれるポイントかなと思います。

さくら製作所のワインセラーの特徴

さくら製作所のワインセラーには大きく3つ特徴があります。

その1:豊富な製品ラインナップ

カラーバリエーションなどを除き、現在17種類の製品ラインナップを取り揃えている同社。

少数本数のものから大量に収納できるもの、デザイン性など用途に応じて選ぶことができます。

その2:二段階温度調整が可能

上室と下室で個別に温度管理ができるので、白・スパークリングワインと赤ワインで温度を分けて熟成させることが可能。

中には日本酒にも対応できるように「New ZEROクラスターツイン冷却」を用いて、0℃設定が可能の低温冷蔵機能を搭載した製品も。

日本酒も飲むよという方には嬉しい機能です。

その3:特許技術

さくら製作所では、バンクショットクーリングテクノロジーとセラーデフロスト制御という特許を取得。

バンクショットクーリングテクノロジーは、ワインの温度管理の為に開発した技術で、冷気を絶妙なポイントに当て庫内全体に拡散させることでワインを均一な温度で管理することができます。

一方のセラーデフロスト制御は、日本酒の保管の為に開発された、霜取り運転を的確に制御する技術。霜取り時にヒーターの動作時間を最適化し、お酒の液体温度変化を最小限に抑え、品質の劣化リスクを低減します。

さくら製作所ワインセラーのシリーズの特徴

シリーズ名特徴
FROSTYパーシャルもチルドもできる飲み物の保管に適したセカンド冷蔵庫
ZERO CHILLEDリビングやオフィスなど、あらゆる場面で利用できる万能ドリンクセラー
氷温® M2家庭でも業務用でも、日本酒とワインの保管を一台で両立する氷温®セラー
ZERO Advanceインテリア性と完璧な温度管理を両立した新シリーズ
ZERO CLASS「0℃」にできる冷却性能でワインの長期熟成と日本酒の保管もできる万能セラー
FURNIEL日本の住環境に合わせて設計されたエントリーシリーズ
PRO CLASSプロ仕様で大容量のツイン冷却セラー

FROSTY

ビールや日本酒にも対応した、セカンド冷蔵庫的ワインセラー。1温度のみ、1~6(ゾーン設定)で設定します。

さくら製作所|SAKURA WORKS FROSTY パーシャル冷蔵庫 ブラック BSJ15-BK [右開き]
価格:72,800円(税込、送料別) (2024/2/1時点) 楽天で購入

ZERO CHILLED

9本から20本まで、0-22℃の間で2温度調整できます。短期間で常温の飲み物を冷却できるように設計されていて、ワインというよりはビールや日本酒向き。

さくら製作所 低温冷蔵クーラー ZERO CHILLED [9本/右開き] OSK9-B ブラック(標準設置無料)
価格:54,513円(税込、送料無料) (2024/2/1時点) 楽天で購入

氷温® M2

-2℃の氷温®かつ2温度管理が可能。60本以上を日本酒とワイン一台で両立保管できます。

さくら製作所 氷温冷蔵機能付き 日本酒&ワインセラー 氷温 M2シリーズ 白 [63本 /右開き] LX63DM2Z-RH-W(標準設置無料)
価格:173,013円(税込、送料無料) (2024/2/1時点) 楽天で購入

ZERO Advance

インテリア性と完璧な温度管理を両立したシリーズ。22本から38本のちょうど良い大きさシリーズです。

さくら製作所|SAKURA WORKS ワインセラー ZERO Advance ブラック SA38 B [38本 /右開き][家庭用 SA38B]《基本設置料金セット》
価格:87,760円(税込、送料別) (2024/2/1時点) 楽天で購入

ZERO CLASS

「0℃」の冷却性能を搭載した、長期熟成と日本酒の保管もできる万能セラー。

さくら製作所|SAKURA WORKS ワインセラー ZERO CLASS Smart ブラック SB38 [38本 /右開き][ 家庭用 SB38]《基本設置料金セット》
価格:78,570円(税込、送料別) (2024/2/1時点) 楽天で購入

FURNIEL

「家具のようなインテリア性を持った電化製品」というコンセプトから生まれたシリーズ。高湿度を維持できる加湿循環方式により、長期熟成に必要充分なスペックを搭載しています。

さくら製作所 長期熟成型ワインセラー(24本・右開き)「FURNIEL SMART CLASS」 SAB‐90G‐PB (ピュアブラック)(標準設置無料)
価格:59,430円(税込、送料無料) (2024/2/1時点) 楽天で購入

PRO CLASS

プロ仕様の大容量セラー。2温度管理、全段棚、厳格な温度管理の3つを兼ね備えています。

さくら製作所 SAKURA WORKS SV78 PRO CLASS コンプレッサー式 ワインセラー 78本収納
価格:192,000円(税込、送料別) (2024/2/1時点) 楽天で購入

さくら製作所のワインセラーを使ってみた感想と選んだ決め手

我が家では、ZERO AdvanceとZERO CLASSを使っています。

使い始めてそれぞれ3年以上経ちますが、故障することなく安定稼働しています。

出し入れもしやすく、ワイン保存には十分なクオリティで満足しています。

ちなみに、使い勝手はそこまで変わりませんが、ZERO CLASSは「0℃」の冷却性能を搭載しているので、日本酒を入れていることもあります。

こちらはZERO Advance
出し入れもスムーズにできます。設定温度によって冷却動作後に一定時間の「霜取運転」をしてくれる

我が家は元々夫と私それぞれがさくら製作所のワインセラーを持っていたのですが、私が選んだ理由は「価格」と「性能」です。

実はフォルスターとも迷いましたが、中期熟成に対応できる品質と価格帯のバランスが優れているという理由でさくら製作所のワインセラーを選びました。

特にZERO CLASSは「0℃」まで温度調整できるので、用途が広がると思ったのも理由の一つです。

ちなみに夫の場合は、「価格」と「日本製」、そして「デザイン性」の観点でZERO Advanceを選んだそうです(株でも車でも比較的日本製を応援するタイプ笑)

SNSでのさくら製作所の評判とレビュー

ピノ
ピノ

日本酒用に使われる方もいらっしゃるようです!

さくら製作所のワインセラーまとめ

以上、さくら製作所のワインセラーについてご紹介しました。

品質(性能)・価格・用途の4つの観点でバランスが取れている素晴らしいメーカーだと思います。

国産製品という部分でも安心できるのではないでしょうか。

ぜひワインセラーとともに、お家ワインを楽しんでください。

読まれています!

1

年間300種類以上のワインを飲んでいた筆者が、「ここは何度もリピしていて本当にすすめたい!」と思うワインショップを厳選して12選紹介します。

2

ワインは全てぶどうから作られますが、赤白泡それぞれ作り方が異なります。この記事ではオレンジ・ロゼワインの作り方も紹介。熟成の長さや発酵・熟成させる容器によってどのような味わいの違いがあるかについても解説します。

3

スパークリングワイン、白ワイン、赤ワインに続く、第4のカテゴリーとして今世界中で注目されているのが、「オレンジワイン」。 オレンジから作られているの?と驚く方もいらっしゃるのですが、外観がオレンジ色を ...

4

店主の小泉さんのX(Twitter)で以前からずーっと気になっていた南アフリカワインの専門店「」。 自宅からワインショップが少し遠いため、できればオンラインショップでワインを購入したいなぁと思いつつ、 ...

5

個性豊かで20州全土でワイン造りがされているイタリア。 500種類以上の土着品種があると言われおり、コスパが高いワインも数多くあるのが特徴です。 今回は、数千円から5,000円前後でデイリーワインに飲 ...

-ワインセラー
-